DL380g5 CPU 換装してみた(失敗)

タイトル通りで見事に玉砕。。
取りあえず悔し泣きしてもしゃーなしなのでやった事の
ログでも。


1.DL380 のファーム(システムROMPaq、iLO2)を最新に
アップデート
2.CPU 換装
 外装を開けて CPU 確認。
 IMG_0065_L.JPG
 CPU ブロックのカバーを外す。
 IMG_0066_L.JPG
 CPU を取り換える。(メチャ汚いけど気にしない。。)
 IMG_0061_L.JPG
3.電源投入
4.System Halt!
 
 UnSupported Processor で起動中に止まる。
 IMG_0072_L.JPG
 尚、iLO で状態を確認しても CPU 情報が古いままになって
 いるんで認識自体あやしい。電源投入で Quad-Core って出た時は
 よっしゃーって思ったんだけどなー
一応その後 Smart Update Firmware DVD で全てのファームを
アップデートしてみたけどやっぱダメ。
事前に調べた感じだと Clovertown とか Harpertown 世代の
Xeon を載っけたモデルが g5 で出てたからイケると思ったんだけど
世の中甘くなかったみたい。。
で、パーツ取り用に以前買った DL380g5 の Product ID を
確認したら後期モデルっぽいことを発見。
認識しなかった DL380g5 : 417458-291
パーツ取り予備 DL380g5 : 433525-291
稼働させるには色々パーツを移植する必要があるので即動作確認は
出来ないけど、どうせショボイの積んでんだろ位に思っていて確認
すらしていなかった CPU が E5335(Clovertown)だったんでかなりの
確率でイケそうな予感。
ただ、取りあえずレベルで稼働させるにも電源ユニット未搭載なので
現行機から一時的に移植するか、買う必要があるのでやっぱり
即時対応は難しいなと。どーするべーな。

カテゴリー: PC な話, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =