XFX GeForce7600GT(AGP) PV-T73A-UDF7

届いたので換装してみた。
で、簡単な所感。
GeForce6800(無印)からの換装だけど、
ベンチ結果は 1.5 倍強の延び。
ゲームは FEAR と Quake4 をやってみたけど
ガクガクする部分が減って快適度アップ。
ただ、ForceWare 91.47 との噛み合いなのか
不明ですが、WindowsMedia Player の
ガンマ補正がディフォルトで暗くなりやがり
非常に不便。
しかも設定し直しても気が付くと元に戻っているし
で少し手に負えない系な感じ。
とりあえず次の ForceWare が出るまで様子見。
#環境依存だったらどーしよう。。。…
中途半端な感じだけど総括すると、AGP 資産最後の
アップグレードパスと考えると買いかも。
噂では 79xx 系も AGP で出るかもしれないらしいけど
システムのトータルで考えて 7600 系が最善の
落としどころだと思われ。
最後に XFX はパッケージの形を変えた方が良いよマジで。

カテゴリー: PC 関連, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 18 =