MCE 導入記

  色々検証してみた結果、デコーダも怪しいけど、もっと怪しいのがエロ拓。
  MCE 用のドライバがリリースされていない状態なので完全互換の動作を
  期待するのが酷な気がしますが、どうもこいつが悪さをしているっぽい。
 
  不具合な話ばかりしても面白くないと思うので
  ちょっち人柱な話でも。
  
  - インストール時
   他の Windows OS のインストールと遜色なし。
   ただし、ドメインに含める場合はインストール時に設定しないと
   セットアップ完了後は設定出来ないので注意。
   #インストール時に認識可能な NIC を差してないとハマる。
 
   そういえば、FDISK のヴァージョンが上がっていて
   127GB 越えのディスクも普通に扱えるようになった。
   #無印の XP Pro だとダメだったと思うんでちょっち感激。
 
  - インストール後
   基本的な仕様は XP Pro と共通。
   10 フィート GUI は DirectX 9 対応の VGA でなければ重め。
 
  - GUI
   洗練されているっぽい。
   この辺もテーマ化されて色々変えられると嬉しい。
 
  - その他
   リモコンのレスポンスはかなり快適。
   特に Media Player もリモコン操作可能で好印象。
   で、Media Player 10 ですが、インターフェイスが変わったので
   慣れない内はかなり使い辛い。
   因みに β だと英語版しかリリースされていないが MCE に導入されている
   のは普通に日本語版。
 
  ふと思ったけど、何だか金払って β テストしてるみてーだなオイ(ぷ
 
  そういえば、またメインの PC が起動しなくなった。
  しかも今回は OS を Windows 2000 から XP に入れ替えた後なので
  ソフトウェアの問題ではないっぽい雰囲気。
  やっぱり、RADEON か電源が怪しいのかなー

カテゴリー: PC な話, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + sixteen =